“東名あおり”差し戻し。DNGJAPAN-NET

人を二人を殺害に追い込んで、罪を軽くしようなどと、遺族が報われない。判決に不服があるみたいだが、同情の余地はなし。裁判のやり方、進み方の問題であり、罪は変わらないでしょうが、やはり許されない事故です。

下記の内容です

東名高速であおり運転の末に一家4人を死傷させた罪などに問われて一審で懲役18年の判決を受けた男の控訴審で、東京高裁は危険運転致死傷の罪にあたるとしながらも、裁判を横浜地裁でやり直すよう命じました。

あおり運転が社会問題化するきっかけともなった事故

おととし6月の夜、神奈川県の東名高速で起きました。石橋和歩被告(27)は萩山さん夫妻らが乗る車に対してあおり運転を繰り返した末に車の前に出て追い越し車線で無理やり停止させました。

 

車が止まっている状態で

石橋被告は車内にいた嘉久さんに暴行を加えるなどし、その時、後ろから大型トラックが追突しました。事故で萩山さん夫婦は死亡。一緒に乗っていた娘2人がけがをしました。

去年に行われた一審の裁判員裁判

運転中の行為に対する処罰を前提とする危険運転致死傷罪が停車した後に起きた事故にも適用できるのかが争点となりました。判決で横浜地裁は、事故当時、車は動いていなかったものの、停止させるなどの妨害行為と死亡の因果関係を認めて危険運転致死傷罪が成立すると判断して懲役18年を言い渡しました。

弁護側は判決を不服として控訴

 

控訴審では追突したトラックの責任を過小評価しているとして石橋被告の運転と死亡事故に関係はないと主張しました。

 

迎えた6日の控訴審判決

プロの裁判官はどう判断するのか。
 

裁判長:「原判決を破棄し、本件を横浜地裁に差し戻す」
 

危険運転を認めた一審の判断に誤りはないものの、一審判決を破棄するとした判決。その時、石橋被告は特に表情を変えることなく裁判長をじっと見つめていました。

 

東京高裁

一審の争点整理の手続きでは横浜地裁が危険運転の罪にはあたらないとしていたのに、裁判員裁判が始まってから危険運転を認めたのは被告側に対する不意打ちになるのは明らかで違法であると指摘。反論の機会をきちんと与えなかったとして、裁判をやり直すよう命じました。
 

判決を受けて、亡くなった萩山嘉久さんの母親

「また元に戻るような感じ。

『至らなくてごめんね』

と語っていました。

まとめ

この事件をキッカケにあおり運転の法律、罰則が変わり始めた。この後まだあおり運転は続いているが、安全運転で、走行しましょう

 

 

 

 

ネイサンvs羽生結弦!

羽生結弦頑張ってほしいですね

決戦は今日!

下記の内容です!

 

<フィギュアスケート:グランプリ(GP)ファイナル>◇第2日◇6日◇イタリア・トリノ

ショートプログラム2位発進の羽生結弦が7日のフリーに向けて、本番会場で公式練習を行った。

最初に跳んだジャンプは4回転-3回転の連続トーループ。SPで失敗したジャンプをいきなり決めた。その後も4回転ループを跳ぶなど、精度の高いジャンプを披露。そして封印してきた4回転ルッツも鮮やかに着氷。4日の公式練習から3日連続で跳び、この日は何度も踏み切りを確認するなど、7日フリーでの投入に向けて調整に余念がなかった。

曲かけ練習では4回転ループ、4回転ルッツ、4回転サルコー、2本の4回転トーループを跳ぼうとするなど、異次元の4種5本の4回転ジャンプを跳ぶ構成をにおわせた。

さらに圧巻は練習終盤

羽生は、意を決したかのように前代未聞のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦。公式練習で初めて挑み、3本連続で跳んだが転倒。逆転優勝に向けて、並々ならぬ気迫を見せた。フリーで4回転半を跳ぶかについては「ただ練習してただけです」。それでも、4回転ジャンプ4種5本の構成については「そのつもりでやります」と話した。

SPでは連続ジャンプでミスが出て、今季自己最低の97・43点。110・38点で1位ネーサン・チェン(米国)に、12・95点差つけられた。

フリーが行われる7日は25歳の誕生日。自身最大点差の逆転優勝で花を添えたい。

まとめ

優勝で、誕生日を迎えてほしいですね!

脇見運転、罰則強化、判断基準は?DNGJAPAN-NET

脇見運転、スマホながら運転ついに罰則が確立されつつあります。

そこで今回は警視庁のホームページから抜粋して、ご紹介したいと思います。

運転中のながら運転の危険性

運転しながらのスマートフォン等の注視・通話やカーナビゲーション装置等の注視は、画面に意識が集中してしまい、周囲の危険を発見することができず、歩行者や他の車に衝突するなど、重大な交通事故につながり得る極めて危険な行為ですので、絶対にやめましょう。

カーナビ使用時の事故の多発

 平成30年中の携帯電話使用等に係る交通事故件数は、2,790件で過去5年間で約1.4倍に増加しており、カーナビ等を注視中の事故が多く発生しています。また、携帯電話使用等の場合には、使用なしと比較して死亡事故率(注)が約2.1倍でした。

(注) 「死亡事故率」は死傷事故に占める死亡事故の割合をいう。

https://i1.wp.com/www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/keitai2.jpg?w=525&ssl=1

自動車が2秒間に進む距離

今回の交通ルールはここが、要です。

 下の表は、自動車が2秒間に進む距離を示したものです(運転者が画像を見ることにより危険を感じる時間は運転環境により異なりますが、各種の研究報告によれば、2秒以上見ると運転者が危険を感じるという点では一致しています。)。
 時速60キロで走行した場合、2秒間で約33.3メートル(注)進みます。
 その間に歩行者が道路を横断したり、前の車が渋滞などで停止していたら事故を起こしてしまう可能性があります。
https://i0.wp.com/www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/keitai.jpeg?w=525&ssl=1

 

令和元年12月から、ながら運転(携帯、スマホ使用時).脇見運転などこれらの罰則が点数が3倍に強化さる。

 

例えば

運転中に携帯電話などで通話や画面を注視する違反「携帯電話使用等(保持)」の違反点数は1点から3点に引き上げ。

携帯電話での通話や注視によって交通事故を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」の違反点数は2点から6点に引き上げ

この事から、ながら運転で

一発免停

もありえる。

違反点数による罰則

45~62点 運転殺傷等 → 免許取り消し
       危険運転致死傷 → 免許取り消し
・35点 酒酔い運転 → 免許取り消し 
    麻薬等運転 → 免許取り消し
    救護義務違反 → 免許取り消し
・25点 酒気帯び運転 0.25mg/L以上 → 免許取り消し
   共同危険行為等禁止違反 → 免許取り消し
   過労運転等 → 免許取り消し
・19点 無免許運転 → 免許取り消し
・13点 酒気帯び運転 0.25mg/L未満 → 免許停止90日
・12点 仮免許運転違反 → 免許停止90日
    大型自動車等無資格運転 → 免許停止90日
    速度超過 時速50km以上 → 免許停止90日
・6点 速度超過 一般道で時速30km以上 → 免許停止30日
    速度超過 高速道路で時速40km以上 → 免許停止30日
    無車検運行 → 免許停止60日
    無保険運行 → 免許停止60日

 ながら運転と同様に違反点数6点となるのは、一般道で時速30km以上速度超過した場合、高速道路で時速40km以上速度超過した場合、無車検の車両を運転した場合、無保険(自賠責に未加入)のまま運転した場合などがある。

 

守ろう交通ルール

走行中にスマートフォンなどの携帯電話などを使用したり、カーナビゲーション装置などに表示された画像を注視したりすることにより、周囲の交通の状況などに対する注意が不十分になると大変危険です。走行中はスマートフォンなどの携帯電話などを使用したり、カーナビゲーション装置などに表示された画像を注視したりしてはいけません。また、スマートフォンなどの携帯電話などについては、運転する前に電源を切ったり、ドライブモードに設定したりするなどして呼出音が鳴らないようにしましょう。

2.スマートフォンなどの携帯電話などを使用する場合
 運転中に、どうしてもスマートフォンなどの携帯電話などを使用しなければいけないときは、必ず安全な場所に停車してから使用してください。

 

まとめ

人を巻き込んでしまう行為、電話がかかって来たからと言ってすぐに出なくてはならない事は、ありません。事故を起こしてからでは遅い、ルールは守りましょう

 

 

「煮豚」か「豚足」カバなのに、名前候補!DNGJAPAN-NET

人間はわがままですね、かばは理解しているか?かばにもプライドがあるのでは、、自分の子供に、その様な名前をつけるのか?、、、ちょっと微笑ましい記事?です。

 

下記の内容です

 

名付け、、、

魅力あふれる小さなカバさんに人間たちが大きな決断を下そうとしています。君の名は「煮豚」か「豚足」か。君はカバなのに。

 

おサルさんが悪びれる様子もなくご飯を横取りしても「お好きにどうぞ」と言わんばかりに一切、動じないのがカバの流儀。その堂々としたカバの周りをちょこまかちょこまか走り回るやつがいます。タイにある動物園で今年10月に生まれたこの子は「コビトカバ」の赤ちゃんです。

動物園の園長

お母さんと子どもは離れ離れになっても暮らせるように、まずは1年くらい一緒にしてあげて、子どもが大きくなったら別々に住まわせます

観光客の人気も急上昇。そろそろ名前をと思い立った動物園は一般公募を始めたのですが…。

動物園の園長:「来場者に『煮豚』か『豚足』のどちらかを名前に選んでもらいます。『煮豚』か『豚足』かどちらの名前が良いか、ぜひ一票を投じに来てほしいですね」
 

名前の候補は煮豚を意味

「ムートゥン」か豚足を意味する「カキ」。タイで人気の料理にちなんだそうです。もしこの子に拒否権があるなら到底、受け入れ難いと拒むかもしれませんが、あいにくこれはトップの決定事項。

 

すでに動物園のフェイスブックで投票は始まっていて、28日には名前が発表される予定です。

 

まとめ

子供もに拒否権なし、、、かわいそうですが、人気者になってほしい。

 

 

 

運転手はインフルで38℃超、気を失っていた。DNGJAPAN-NET

38度の熱、ただの風邪だから、大丈夫とと思ったと言ってますが、命を預かる職業、体調が悪いのなら、やはり運転しては、いけません。

下記の内容です

東京・新宿区で4日

「はとバス」がハイヤーに追突しハイヤー運転手の宮崎昭夫さんが死亡した事故で、バスの運転手がインフルエンザにかかり、38℃を超える熱があったことがわかった。

バス運転手

風邪くらいだったら大丈夫と思っていたんですけど、今回こういう形になってしまった

事故の直前はちょっと記憶がないんで。

被害者の方には申し訳ございませんとしか言えないです」

関係者によると

バスの運転手は事故直前に意識を失っていた可能性があり、警視庁などが詳しく調べている。

まとめ

会社も社員管理をしないといけないのではないのでしょうか。と言いいたくなりますが、休めないのが実情なんでしょうね。働き方改革、、、無理なんでしょうね。