手を引っ張られ 後をつけられる、学校再開で子ども狙われる被害相次ぐ。DNGJAPAN-NET

事件が起こる前に、早急に手を打つ必要がらあります。危険です。

下記の内容です

 

東京都内の多くの小中学校で

およそ3か月ぶりに授業が再開された1日、登下校中の子どもが手を引っ張られたり、後をつけられたりする被害が相次ぎました。

警視庁によりますと

1日午前11時半すぎ、練馬区の路上で、学校から帰宅途中の児童が男に後ろから無言で手を引っ張られました。男は30代から40代とみられ、身長170センチ前後でサングラスにマスク姿だったということです。

荒川区の路上では

午前8時ごろに小学生の女子児童が「かわいいね」などと男に声をかけられたほか、江戸川区の路上では、正午すぎに男子児童がおよそ150メートルにわたって男に後をつけられました。

小中学校では

新型コロナウイルスの感染防止のため、子どもが1人で登下校する「分散登校」が増えていて、警視庁が注意を呼びかけています

 

まとめ

誰でも良いので大人が子供を、守らなければ、誘拐事件、犯罪が起きてしまいます。警察も油断しないで、警戒をしてもらいたいと思います。

 

 

 

父親運転のトラクターに… 4歳児が下敷きになり死亡。DNGJAPAN-NET

このような悲しい事故ですが、なるべくして、起きた事故と言わざるをえません。

 

下記の内容です

 

5月31日

北海道の別海町で、4歳の男の子が父親の運転するトラクターにひかれ、死亡した。

31日午前11時ごろ

別海町の農場で、4歳の斎藤力乙君が父親の運転するトラクターにひかれた。

力乙君は

意識不明の重体で病院に運ばれたが、その後、死亡した。

父親は

牧草ロールを運ぶトラクターを運転していて、力乙君は、姉2人とトラクターの前の部分に乗り、何かのはずみで落ちたとみられている。

運転席から

落ちたことを確認できず、姉2人が声をあげたため、父親がトラクターを止めたが、間に合わずに下敷きになったという。

警察が当時の状況を調べている

 

まとめ

完全に父親の過失です。何故落ちると思わないのか、、悔やんでも悔やみきれない事故です。

 

 

 

3歳の長男を洗濯機に、父親を逮捕。DNGJAPAN-NET

まだこのような馬鹿な親がいるのです。怪我をさせるつもりはなかった?言っている事が、子供ですか?

下記の内容です

 

茨城県

ひたちなか市の自宅で3歳の長男を洗濯機に閉じ込め脱水症状にさせたとして、警察は37歳の父親を逮捕しました。

傷害の疑いで逮捕されたのは

ひたちなか市の会社員・星野堅一容疑者(37)です。星野容疑者は、30日午前8時ごろからおよそ1時間半にわたって3歳の長男を自宅にあるドラム式洗濯機の中に閉じ込め、脱水症状にさせた疑いがもたれています。長男の命に別状はないということです。

星野容疑者は

自ら消防に通報し、取り調べに対し「閉じ込めたが、けがをさせるつもりはなかった」と供述していて、警察は動機などを調べています。

 

まとめ

いっそ同じ目に会わないとわからないでしょうね。どれだけ辛い目に子供は、あったのか。親失格です。離婚をお勧めします。

 

 

 

 

京アニ放火殺人、複数の作品「自分の小説の盗作」。DNGJAPAN-NET

逆恨みも良いところ、このような奴が世の中にはいます。身勝手な犯行としかいえません。

下記の内容です

 

36人が犠牲となった

京都アニメーションの放火殺人事件で、容疑者の男は、複数の京アニ作品について「自分の小説の盗作だ」という趣旨の供述をしていることがわかりました。

青葉真司容疑者(42)

は去年7月、京都アニメーションの第1スタジオにガソリンをまいて放火し、社員36人を死亡させたなどとして殺人などの疑いで逮捕されました。

京アニ側が過去に

小説を公募した際、青葉容疑者と同姓同名の人物が小説を応募し落選していたことがわかっていますが、捜査関係者によりますと、青葉容疑者は複数の京アニ作品について「自分の小説の盗作だ」という趣旨の供述をしているということです。

一方、京アニ側は

「これまでの作品と類似点はない」としていることから、警察は青葉容疑者が一方的に恨みを募らせ犯行に及んだとみて、調べを進めています。

 

まとめ

供述を聞くに耐えない、もう一生償いの日々を送ればよい。簡単に死刑とはさせないようにした方がよいと思ってしまう。お亡くなりなった方々のご冥福をお祈りします。

 

 

 

フリマアプリで購入のブランド品を転売、男性を書類送検。DNGJAPAN-NET

これは捕まるって、、、何故これで捕まるなら、ほとんど捕まるのでは?

下記の内容

 

ファッションブランド

コムデギャルソン」の古着をフリマアプリなどで購入し、転売を繰り返していたとみられるアパレル会社の男性社員が書類送検されました。

古物営業法違反の疑い

書類送検されたのは、川崎市に住むアパレル会社の男性社員(24)です。男性社員は、おととし11月から今年1月までに、神奈川県の許可を得ずにフリマアプリなどでファッションブランド「コムデギャルソン」の古着3点を4万4000円で購入し、都内の古着店などにおよそ10万円で転売した疑いが持たれています。
 

警視庁によりますと

男性社員は3年前から同様の手口で450点近くの古着を転売し、およそ210万円を得ていました。男性社員は容疑を認め、「ブランド品は高く売れると知っていた」「バレなければ大丈夫だと思っていた」と話しているということです

 

まとめ

仕入れて売るのと同じような気がしますが、これがダメなら、みんなオークションとかもダメになるのか?紙一重ですね。