猫をさらって殺した容疑の続報!

 

モコオ(3歳オス)飼い主さん

「あの男、最初はシラを切ったんです。“そんな猫は知らない”とか“エサをあげて逃がした”。でも、モコオを連れ去った車のナンバーは間違いなく男のもの。

動物保護団体に同席してもらい時間をかけて問い詰める

 

新村健治容疑者(52)

殺した”と小さな声で認めた

“連れ去った4日後に死んで、用水路に捨てた”

 

事件の内容

「約1年前から飼い猫など10数匹を連れ去って殺害したと供述し、容疑を認めている。容疑者宅からは猫が1、2匹入るサイズの金属製のオリや、猫を突ついた

 

富山県警には

昨年157件、今年89件にのぼる猫の「遺失物届」

そのすべてが新村容疑者の仕業ではないにせよ、相当数の猫を虐殺した可能性が浮上!

 

容疑者

「仕事のストレス発散。ひとり暮らしで誰も相手してくれなかったから。(猫を殺して)正直、興奮した。苦労して捕まえてきたのにすぐ死んでしまったら面白くないから……ニャアニャア鳴いているのを聞いて楽しんでいた。死骸は用水路や漁港に投げ捨てた」

悪びれる様子はいっさいなし!

 

まとめ

こんな酷いとが、できるなんて、許す事ができません。実際動物をいじめる、いわゆる虐待できる奴は殺人も平気で、やりそうです。

飼い主さまからしたら、殺しやりたい事でしょう。恐怖で、逃げれないネコ達のご冥福をお祈りします。本当に許せない。

 

アバター

By spec-iu