闇営業続報

スリムクラブ、2700、に仕事を紹介したとして、その経緯を松山千春のモノマネをするバンドー太郎が、会見を開いた。

バンドー太郎(モノマネ芸人)

バンドー太郎(ばんどー・たろう)1970年(昭45)10月16日生まれ、神奈川県出身の48歳。和田アキ子、美川憲一、サンプラザ中野くんらのモノマネが持ちネタ。松山千春は本人が公認するほどで、松山の盟友の鈴木宗男元衆院議員の講演会で前座を務めたこともある。テレビ出演は10年の日本テレビ「ものまねグランプリ」など。

この方はスリムクラブのお二人に事務所を通さずに、仕事を受けても大丈夫ですか、と問うと、スリムクラブの二人は了解したとのこと。

 

スリムクラブの二人の対応

やはり闇営業うんぬんの前に、事務所以外の仕事をしてはダメです。この方の紹介を了承してはやはりいけない事です。

事務の対応は? 

無期限停止処分

芸人さんがお金なら目が眩むのは、わかる気がする。普通の会社なら、基本給ありなので、ギリギリ生活費しか払わないのか会社の体制が、どうなのか?売れるよに会社も営業しないといけないのでは、どうでしょうか?

 

まとめ

やはり知っていて行った芸人もいるのではないのでしょうか?

snsの声

闇営業で、受けっとたお金は返さないのか?など、寄付するのか、ロンブー淳さんもらったなら、税金は?まだスタートラインにも立っていない!と言い放ってました。

やはりこの問題根が、深いです。本当にわからない事もたしかにあるでしょう。やはり事務を通して仕事をしないと、結局無期限停止とかの処分になる。簡単に了解してはいけませんね。

 

 

アバター

By spec-iu