今回はこの記事を取り上げました!

 

危険な運転の末に怒鳴ったりして威嚇する事件は北海道でも起きていました。追い掛けられたうえに金属製の工具を持った男が車に近付いてくる恐怖の瞬間をドライブレコーダーが捉た!

 

下記の内容です。
 

2カ月前、北海道

 

国道で起きました。突然、目の前に強引に割り込んでくる白い車。この車は信号が青になったにもかかわらず、前に進まないどころか後ろに下がってきたのです。それを見て慌ててバックすると、後ろに止まっていた車に衝突。運転手とその奥さん、そして小さな子どもの家族3人が乗った車はその後、身の危険が迫る状況に追い込まれます。

 

被害に遭った男性

 

警察に通報、その間に車から降りてきた白いTシャツの男がトランクから取り出したのは金属製の工具でした。

助手席から降りてきた女性は、子どもを抱いて携帯電話で車を撮影しています。

 

恐怖の始まりは事件の約15分前に

 

「最初は道中、3台前に車が走っていて、抜かした直後から最後尾を走っていた車が速度を上げて」

 

きっかけは

 

クラクションを鳴らしながら空ぶかしや蛇行運転をする3台の車を追い抜いたことでした。その直後から危険な運転が始まったといいます。

 

1台の車が前に出た時に脇道に逃げ込み

それでも3台の車は執拗に追い掛けてきたそうです。約18キロにわたって追い掛けられた揚げ句、冒頭の信号にたどり着いたのです。

男性の車は3台の車に挟まれる形となって後ろの車に衝突したのでした。

 

駆け付けた警察

 

金属製の工具を振りかざしながら脅した24歳の男を暴力行為等処罰法違反の疑いで現行犯逮捕しました。そして20日、この男は書類送検された!

 

まとめ

本当に訳がわからないですね、当たり屋ですか?もっと思い罪に問えるように、法改正が、必要ですね。

 

アバター

By spec-iu