佐賀 油流出、 会社幹部が謝罪 対策が不十分

 

申し訳ないじゃないでしょう、さらに災害を大きくして、全く対策されてないじゃありませんか?

下記の内容です。

佐賀鉄工所大町工場

28日午前4時ごろ、大雨で建物に水が流れ込み、およそ5万リットルの油が周辺に流出して、住宅や農作物にも大きな被害。

30日、佐賀鉄工所が取材に応じ、油が流出した経緯などを説明。

当時、工場には

夜勤の従業員7人がいて、事前に排水ポンプを用意していましたが、あらかじめ入り口に土のうを積むなど、水が建物に入らないようにする対応はとっていなかった。

その結果、水かさが急激に増えて油が入ったタンクに水が流れ込み、流出を防ぐことができなかった。

被害を受けた住民らへの補償

被害の状況がまだ把握できておらず見通しが立っていないということです

 

佐賀鉄工所の太郎丸健常務

重大な被害を招いてしまい、住民の方々などにご迷惑をおかけして申し訳ない」と話しています。

 

まとめ

工場の方々も被災者ですが、同じ過ちを犯すとは、全く対策が、なされていないと同じ、、これ以上被害が、広がらないように、頑張って行くしかない。