続報、暴行死亡事件、女児が1人で家の外で!

こんなに小さい女の子に、どうしてこんな事が出来るのか?どうにか助ける事が、できなかったのが? 母親は何をしていたのか?

下記の内容です。

鹿児島・出水市

4歳の女の子が、同居する母親の交際相手に暴行され、その後、死亡した事件で、女の子が、1人で家の外に出されていた様子が、度々目撃されていたことがわかった。

建設作業員・日渡駿容疑者

8月27日夜、出水市のアパートで、同居する女性の長女・大塚璃愛來(りあら)ちゃん(4)を殴った疑いが持たれていて、璃愛來ちゃんは、翌日死亡

 

近所の住民

「女の子が外に出されていた、裸で。おびえて目も合わせてくれないし、口もきいてくれなくて」

璃愛來ちゃんが雨の中、自宅の外に出されていた様子を目撃していたほか、7月まで住んでいた、薩摩川内市のアパート近くでも、夜間に1人でいた璃愛來ちゃんが保護されたことがあった

「ひょっとしたら、身体的虐待がないだろうか。手とかおなかとか背中を観察しました」と話した。

亡くなった璃愛來ちゃん

頭や体には、複数の傷があり、警察は関連を調べる方針。

 

さらに新たな事実

7月から住んでいた出水市によりますと、薩摩川内市から引っ越してきた際、「交際相手がいる」ということに加え、「母親が妊娠している」という記録も引き継がれていたということです。

この後、「室内で遊んでいたときにテーブルに頭をぶつけておう吐した」として、治療を受けたことや、「女の子の顔などに数か所のあざがあった」という情報も病院から寄せられたことから、先月26日に家庭を訪問しましたが、このとき、同居者がいるかなど、交際相手の詳細については確認していなかったということです。

 

まとめ

母親はなにをしていたのか?入院しているのか?謎のまま、複数の傷跡、このクズは一生刑務所からでれなくしるか、死刑がよいでしょう。