事故の瞬間覚えてない、暴走タクシー、75歳運転手

タクシー運転手が、暴走事故やはり高齢ドライバーだからなのか、それともタクシーは激務なのか

下記の内容です

 

名古屋市の金山総合駅のロータリー

14日夜、タクシーが歩道に乗り上げて歩行者らをはね、女性1人が重傷、男女6人が軽傷です。警察は運転していた男を現行犯逮捕しました。

14日午後9時20分過ぎ

名古屋市熱田区の金山総合駅南口のロータリーでタクシーが歩道に乗り上げ、歩行者らを次々とはねました。

警察によりますと男女7人がはねられ、30代の女性1人が重傷残る6人が軽傷です。

現場にいた人

「突っ込んでずっとアクセルが踏まれた状態だった。救助した人がいたところにバックでも突っ込んだ」

別の人

「意識もうろうとしているというか、そのまま放置していたらまだ何十人もひかれてたと思うので、危ないってことでドア開けて(タクシー運転手を)何人かで引きずり出した感じ」

警察

タクシーを運転していた名古屋市中川区の小森勝弘容疑者(75)を現行犯逮捕、調べに対し「事故の瞬間については覚えていない」と供述。

 

まとめ

なかなかなくならない高齢運転手の事故、まだ働かなくてらはならないのだろうか?いい加減、定年したらどうでしょうか?免許証を返納しないとダメです。