やはり同棲中の男、、父親が犯人!

事件の内容

進藤君が通っていた市立大谷小学校によると、進藤君は過去、放課後児童クラブ(学童保育)に入っていた。しかし、習い事が多かったことを理由に途中で辞めており、17日は6時限目の授業を終え、午後3時15分には小学校を後にしたとみられている。その後、自宅そばのバス停からバスに乗り、約4・5キロ離れたJR大宮駅(さいたま市大宮区)近くの英会話塾に向かう予定だった!

普段は午後7時半ごろに塾を終え、バスで帰宅していたが、勤務先から自宅に戻った母親が塾を欠席していたことを知り、午後8時20分ごろに110番通報。

学校側からは4年生の保護者

「進藤君の行方が分からない。捜してほしい」とのメールも送られ、ツイッターなどでも「困ってそうな男の子の情報があれば教えてほしい」と情報提供を求める動きが広まった。

埼玉県警

警察犬も投入して捜索を開始、周辺の草むらまで範囲を広げ、近隣は物々しい雰囲気に包まれた。だが、通報から約4時間過ぎた18日午前0時40分に遺体が見つかったのは、居室前の外階段付近にあるメーターボックスの扉付きスペースだった。

「なぜ進藤君を狙い、わざわざ自宅の前に遺体を隠すように置いたのか」

だったが、、、、、

やはり犯人は、、、

さいたま市見沼区大谷の集合住宅敷地内で18日未明、住人の市立大谷小4年、進藤遼佑君が殺害されているのが見つかった事件で、埼玉県警は19日、死体遺棄容疑で進藤君の父親、を逮捕した。事情を聴いていた岩槻署から大宮東署に移送する。

 

県警

父親は母親の再婚相手で無職。捜査関係者によると、父親は17日、進藤君の遺体を自宅向かいの空き部屋前のメーターボックス(縦約180センチ、横約60センチ、奥行き約40センチ)に座った状態で遺棄した疑いが持たれている。

 

まとめ

やはり犯人は父親でした。はっきり言って母親が、悪いしか言えない!