名古屋市、ゴミ分別ができていない家訪問指導!、11月から実施!DNGJAPN-NET

老朽化で来年3月に稼働を停止し、ゴミの処理能力が減ることも背景にあるということです

下記の内容です!

名古屋市

11月から可燃ゴミの分別ができていない家庭を直接訪問し、正しい分別を指導する異例の試みを始めることが分かりました。

名古屋市では、一軒家の場合、原則、可燃ゴミは家の前に出します。

 

関係者によると

11月1日から収集車が回収する前に、市の職員がゴミを確認し、分別ができていない家庭を直接訪問して、正しい分別を指導する異例の試みを始めることが分かりました。

共同のゴミ収集場があるマンションなどについては、職員が収集場に立って指導するということです。

名古屋市内のゴミの4割の焼却を担う港区の南陽工場が、老朽化で来年3月に稼働を停止し、ゴミの処理能力が減ることも背景にあるということです。

 

まとめ

面倒くさがらず分別しましょう!