女優の沢尻エリカ容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕。

人気女優の逮捕

東海地方でも動揺が広がっています。

麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者は、16日朝、東京・目黒区の自宅でカプセルに入った合成麻薬・MDMAを所持した疑いが持たれています。

これまでの調べにて

沢尻容疑者は、「10年以上前から違法薬物を使っていた」と供述しています

 

その後の警視庁への取材

「大麻、MDMA、LSD、コカインを使用していた。有名人が逮捕されるたびに、私も危ないと注意していた」と供述、

ドラマやCM、映画など多方面で活躍する人気女優の薬物事件に、東海地方でも対応に追われる街があります。

 「大変ショックです。
 いろいろなイベントの時に来ていただければいいかと考えていた」

岐阜市大河ドラマ推進課 熊谷武夫課長

来年放送される岐阜県ゆかりの戦国武将・明智光秀が主人公のNHK大河ドラマで、沢尻容疑者は、このドラマで重要な役を演じる予定でしたが、今回の突然の逮捕で、ドラマにあわせて、来年1月に「大河ドラマ館」をオープンさせるなどPRに力を入れていた岐阜市は、
  「大変残念です。
 今後、NHKがどのような対応をするか見守りたい。
 

  「(大河ドラマが)せっかく決まり、期待していた。
 残念の一言です」
  (岐阜市民)

沢尻容疑者

「家族と仕事の関係者には大変なご迷惑をおかけしました。大変申し訳なく思っています」と謝罪の言葉を述べている。

 

まとめ

全ては沢尻エリカ自身のせい。どれだけ迷惑がかかるのか考えていれば、クスリにてを出す事はないはず、酒に溺れて、ズルズルやってしまったのでしょうか。辞めれないクスリ。田代まさし、酒井法子、飛鳥、清原いえばキリがない、芸能界はクスリの温床ですか、、残念です。

 

 

 

 

アバター

By spec-iu