11日夜

高知県安芸市の河川敷で、練炭を使って長女、次女と無理心中をしようとした殺人未遂の疑いで、32歳の母親が逮捕されました。長女と次女にけがはありません。

逮捕されたのは

南国市に住む派遣社員で32歳の母親です。安芸警察署の調べによりますと、母親は11日午後7時ごろ、安芸市土居の河川敷で8歳の長女、4歳の次女と無理心中をしようとした殺人未遂の疑いがもたれています。

 

母親は自分の車に2人を乗せ、練炭を燃やして無理心中を図ったと見られています。

しかし、子どもの表情を見て

途中で思いとどまり、翌朝、「死にきれなかった」と自ら警察に通報したということです。長女と次女に、けがはありませんでした。

母親は容疑を認め

人間関係の悩みで死のうと思った」などと話しているということで、警察が裏付け捜査を進めています

 

まとめ

子供を残して、自分だけしを選ぶかの選択をしたのか、思い留まって良かったのか、ただならない事情があるとは思いますが、生きていてよかった日が必ずくると思います、、、、

 

 

 

 

 

アバター

By spec-iu