東京・青梅市の住宅

67歳の男性が殺害された事件で、男性の頭には、強く殴られたときにできるような傷痕があったことがわかった。

14日未明

青梅市成木の住宅で、住人の小川和男さん(67)が、頭から血を流して倒れているのを警察官が見つけた。

小川さん

自身が、「寝ていて起きたら音がして、男が逃げていった」と110番通報したとみられ、小川さんはまもなく死亡した。

知人によると

小川さんは、多額の現金を持っていることで有名だったという。

近所の人は

「『1億円のアタッシェケース』見せてもらったことあるんですけど、誰もが知っているんですよね」

同窓会に

警備の人をつけて、お金を持ってきて見せた。それが『1億円』あると。『言わなきゃいいのにね』、『危ないね』と言っていた」などと話した。

小川さんの頭には、強く殴られたときにできるような傷痕があったという。

 

まとめ

お金を持っているぞと、言わんばかりの行動が、いけなかったのか、、襲われてもおかしく無い状態は自分から招いた事ですが、殺されたら、なんの意味もありませんね。、、、、、

 

 

アバター

By spec-iu