納得いかない部分もある時語った被告ですが、前方を確認しないで、事故を起こしているではありませんか?

下記の内容です

大津市で保育園児の列に

車が突っ込み、16人が死傷した事故で起訴された女が保釈中にANNの単独取材に答え、「納得いかない部分がある」と今の思いを語りました。

新立文子被告

自分的に納得のいかない部分とかたくさんありますので、今で言いますと、家族のことを守らないといけないこともありますし、その辺りを話していきたいと思います
 

こう話すのは過失運転致死傷などの罪で公判中の新立被告です。初めてカメラの前で心境を語りました。
 

 

新立文子被告:「私の不注意であることも確かですし、不運が不運を呼んで可愛い園児さんのなかに突っ込んでしまった」
 

今年5月

滋賀県大津市の交差点で保育園児ら16人が死傷する事故が起きました。新立被告が右折をする際に直進していた軽自動車と衝突。そのはずみで軽自動車が信号待ちをしていた園児らに突っ込みましたが、新立被告はその軽自動車を運転手が不起訴になったことに不満を述べました。

新立文子被告「せめて(軽自動車の)減速、あるいはブレーキがあったら、それを責め立てるわけではないですけど、どうだったのだろうとか」
 

新立被告は事故後に保釈されましたが、出会い系サイトで知り合った男性に対してストーカー行為をしたとして逮捕・起訴されました。
 

新立文子被告

「反対に言ったら私の方がストーカーされていたんではないかみたいな感じなのに、事故のことがあるから全部言えないみたいなつらさはあります」

今月に開かれた公判

新立被告には禁錮5年6カ月が求刑されました。来月16日に控えた判決を前に新立被告は…。
 

新立文子被告:「一生、償っていくっていうのは当たり前なんですけども、受け止めてるのは受け止めてます。ただ、そうですね…、受け止めなければいけないですし、わがまま言わしてもらったらやっぱり子どもがいるので(刑期が)早く短くなればいいというのはあります。正直」
 

これまでの新立被告の主張に対し

事故の被害者側の弁護士は「反省とは全く無関係な言動で被害者感情を著しく踏みにじる」とコメントしています。

 

まとめ

この被告なにを考えているのか、子供もいますし、早く刑期が終わってくれればとか、ストーカーされていたのは自分の方だとか、そもそも結婚して、子供もいるのに出会い系てなんなんでしょう。家族も離婚したがっているのでは?反省して下さい。

 

 

 

 

アバター

By spec-iu