に投稿

被告の妹が涙ながらの訴え 心愛さん虐待死裁判。DNGJAPAN-NET

この殺人者の父親は、同じ目に合わせてやればわかるでしょう

下記の内容です

 

千葉・野田市で起きた

小学4年の栗原心愛(みあ)さん虐待死事件で、傷害致死などの罪に問われている父親の妹が裁判に出廷し、「心愛を返して」と涙ながらに訴えた。

栗原勇一郎被告(42)

2019年1月、野田市の自宅で、長女の心愛さんに十分に食事を与えないなどの虐待の末に死亡させた傷害致死などの罪に問われている。

25日の裁判で

心愛さんと一時同居していた勇一郎被告の妹は、心愛さんが「パパにけられた」と、あざができたことなどを何度か訴えてきた一方で

勇一郎被告は

「やっていない」

と暴行を否定していたと、虐待の経緯を明らかにした。

そして、「心愛と出会って、優しさ、思いやり、元気をもらっていた。心愛を返してください」と涙ながらに訴えた。

 

まとめ

何がしつけなのか。本当に同じ目に合わせてから、もう一度供述を聞いてみたいですね。残酷ことをしてお