捕まえて良かったです。いくら小熊とはいえ、親熊が側にいる可能性が、あります。

下記の内容です

栃木県の日光で

クマが出没しました。捕獲の一部始終です。  ゴルフ場の芝の上を疾走するカメラ。警察に目撃情報が寄せられたのは19日午前8時ごろ。「日光市内の歩道でクマを見掛けた」と通行人からの110番でした。

発見されたのは

子グマで、やぶの中で周囲の様子をうかがっているようです。しばらくすると、寝そべっていた子グマが突如、動き出しました。

数分後、

子グマが麻酔が効いたので近付けることになりました。突き刺さった注射器。開いたままの目。獣医が袋のようなもので子グマの頭を覆います。

熊が捕獲され

捕獲器に入れられました。  市の担当者:「(Q.クマはこの後どうしますか?)市有林がありますので、そちらに搬送して放獣という形を取ります」  この熊によるけが人は出ていません。

まとめ

野生の熊はやはり危険、猛暑のせいなのか、活動が活発になっているような気がします。怪我人が出る前に確保できて良かったです。

 

 

 

 

 

アバター

By spec-iu