まさかスノボーでの事故。家族を撮影しようと…

下記の内容です

新潟・湯沢町の

スキー場で26日、スノーボードをしていた男性が、雪に埋まり死亡した。

26日午後1時40分ごろ

湯沢町の湯沢パークスキー場でスノーボードをしていた、神奈川・横浜市の会社役員、日吉健浩さん(41)が、コースの外で雪に埋まっているところを、スキー場のパトロール員に発見された。

日吉さんは

まもなく死亡が確認された。
死因は、窒息死だった。

日吉さんは、妻と子ども2人とスキー場を訪れていて、家族が滑ってくる様子を動画で撮影しようと1人で先に滑り降り、姿が見えなくなったという。

警察は

日吉さんが誤ってコースから外れ、雪に埋もれたとみて調べている。

まとめ

スノボに限らずコースを外れてしまうと誰も助けてくれない。自力で戻らな九手はならないが、雪が深いと窒息することは当然起こります。楽しいはずのスキー場が一変して悲しい事故現場になってしまいました。

 

 

 

 

By spec

2021年遂に起業しました。情報販売プロモーターとして活躍して行きます。よろしくお願いします。