3歳長女を放置死の疑い 母親「大丈夫だと思った」.DNGJAPAN-NET

大丈夫だと思った、のではなく大丈夫だと思い込もうとしたの間違いですね。死ぬかもしれないとわかっていたのでは、、

 

下記の内容です。

東京・大田区で

3歳の長女を自宅に放置して死亡させたとして母親が逮捕された事件で、母親が「放置しても大丈夫だと思った」と供述していることが分かりました。  

 

梯沙希容疑者(24)は

先月、大田区の自宅で長女の稀華ちゃんに十分な食事を与えず、放置して死亡させた疑いが持たれています。梯容疑者は自宅に稀華ちゃんだけを残して知人男性に会うため、8日間にわたって鹿児島に行っていました。

 

その後の捜査関係者への取材で

梯容疑者が稀華ちゃんを「放置しても大丈夫だと思った」と供述していることが新たに分かりました。

 

警視庁はこれまでにも

梯容疑者が稀華ちゃんを3日ほど放置して外出したのを確認していて、詳しい経緯を調べています。

 

まとめ

自分が8日間も食事なしだったらどうするつもりなんでしょうか?ましてや3歳の子供が1人でなんて、、、同じ目に合わないとわからないですね。反省は全くしていないでしょう。

 

 

 

人気ラッパーの男、保釈中に大麻所持で逮捕。DNGJAPAN-NET

どうしてもやめられないのでしょうか?大麻の中毒性かなり高いのでは?

下記の内容です

今年5月

東京・新宿区で大麻を所持していたとして警視庁に逮捕された人気ラッパーの男が、保釈中の先月に千葉県内で大麻を所持したとして警察に逮捕されました。  

 

大麻取締法違反の疑いで

逮捕された人気ラッパーの「漢a.k.a.GAMI」、本名・川上国彦容疑者(42)は先月15日、千葉県成田市にある関係者の自宅で末端価格3000円相当の乾燥大麻およそ0.5グラムを所持した疑いがもたれています。

 

川上容疑者は今年5月

東京新宿区の路上で乾燥大麻を所持した疑いで警視庁に逮捕されていて、現在は保釈中だったということです。  

 

調べに対して

川上容疑者は「大麻を所持した記憶はない」などと容疑を否認しています。

 

まとめ

記憶にないではないでしょう。既に大麻を吸っていたのでしょうね。大麻の中毒性、麻薬、覚醒剤、やめられないのでしょうか。

大麻による告白

 大麻は「害がない」「依存性もない」といった誤った情報がインターネット上などで流されていますが、大麻は、実際にはあなたの脳を壊します。あなたの人生や周り人の人生を守るためにも、1回でも絶対に使用しないでください。

  • その他 大麻によって、狂わされた人生
  • その他 大切な人を巻き込んだ後悔
  • その他 俺の人生、大麻と危険ドラッグ
  • その他 いつのまにか、大麻に溺れていた

九州北部30万人に避難指示 長崎、佐賀、福岡に大雨特別警報。DNGJAPAN-NET

避難された方々、まだ救助されていない方々不安でしょうが、頑張りましょう。

下記の内容です

福岡・久留米市では

河川の氾濫や土砂崩れのおそれが高まったとして、市内のほぼ全域、およそ27万人に避難指示が出された。 市内の小学校では、午後からの授業を取りやめて下校することに。

 

一方、6日午前の鹿児島

鹿屋市の映像には、排水溝から勢いよく水が噴き出し、車が避けて通っている様子がとらえられていた。 九州南部を中心に発達した雨雲がかかり、鹿児島・鹿屋市では、午前6時24分までの1時間に観測史上最大の109.5mmの猛烈な雨が降った。

 

また、宮崎

串間市付近では、午前7時10分までの1時間におよそ120mmの雨が降ったとみられ、気象台は記録的短時間大雨情報を発表。 午前10時、鹿屋市内を流れる肝属川では、避難判断と書かれた看板の高さにまで水位が上昇。 この大雨により、一時的に肝属川では氾濫のおそれがあるとして、警戒レベル4相当の氾濫危険情報が発表されていた。

 

また、九州を中心に

警戒レベル4相当の土砂災害警戒情報も出されている。 鹿屋市新川町では、住宅地が浸水。 車も車体の半分ほどまで水に浸かっている。 家の中にいる人「(どれくらい水入って来ていますか?)ふくらはぎ」 さらに、新川町のほかの場所で撮影された映像でも辺り一面が浸水している様子がとらえられていた。

 

濁流により

見慣れた景色が一変したのは観光地でも。 東洋のナイアガラとも呼ばれる「曽木の滝」。 この美しい景観も、大雨で水量が増えて濁流となっている。 大雨は、ほかの場所でも。

 

長崎・佐世保市では

排水溝から水が噴き出し、水は歩いている人のくるぶし付近にまでたまっている。 そして、この大雨は関東でも。 神奈川県によると、箱根町の芦ノ湖水位観測所で、午前10時ごろに氾濫危険水位の2.6メートルに到達。 周辺の地域では、芦ノ湖の氾濫によって浸水するおそれがあるとして、神奈川県は氾濫危険情報を出した。

 

九州を中心に西日本では

これから7日にかけて局地的に雷をともった非常に激しい雨が降るおそれがある。 低い土地の浸水や河川の増水、氾濫などに加え、これまでの記録的な大雨で土砂災害の危険度が非常に高い状態が続く見込みで警戒が必要となる。

 

まとめ

このところの温暖化などの影響があるのかわかりませんが、被災された方々、救助が必要な方々、避難場所があるなら、無理をせず、慌てず、慎重に避難してもらいたいと思いまさす。

コロナウィルスもまだ収まっていないなか、ご高齢の方々大丈夫でしょうか。素早い対応が必要ですが、雨が収まってくれる事、これ以上災害がない事を祈っています。

 

 

 

 

 

 

 

「大丈夫?」と声かけも…4歳男児を女がひき逃げか。DNGJAPAN-NET

子供を、ひき逃げ、許されません。

下記の内容です

 

栃木県日光市で

4歳の男の子を車ではねて大けがをさせ、そのまま逃げたとして59歳の女が逮捕されました。男の子は左足を骨折して入院しています。  

寉見成子容疑者は

3日午後5時ごろ、日光市の市道を乗用車で走行中に4歳の男の子をはね、その場から逃げた疑いが持たれています。男の子は左足の骨を折って重傷です。

 

警察によりますと

寉見容疑者は直後に車に乗ったまま「大丈夫?」と男の子に声を掛けましたが、その後、現場から立ち去っていました。

 

目撃情報などから

寉見容疑者の関与が浮上したということです。取り調べに対し「ぶつかったが救護しないで家に帰ってしまった」と話しています

 

まとめ

すぐに救急車を呼ぶ、警察を呼ぶそうしないと万が一に死んでしまったら、殺人の罪に、災厄の事態になっていたらどうするつもりだったのかにげたらダメです。

 

 

「マスクした人いなかった」夜の店“集団感染”次々。DNGJAPAN-NET

マスクは必要だか、、飲食するときは外す。結局はまだけいかいが必要です。

下記の内容です

 

感染の拡大は

東京だけではありません。鹿児島で集団感染が確認された店の客は「マスクをした人はいなかったと思う」などと話しています。  

 

感染拡大防止を目的に

店の名前を公表した鹿児島市…。  鹿児島市:「店名『NEWおだまLee男爵』。接客を伴う飲食店です」  先月13日以降、この店を訪れた人は帰国者・接触者相談センターに連絡してほしいと呼び掛けています。  

 

鹿児島市

「お店が色んな対策をしていたが、それでも感染が起こっておりますので…」  店内の消毒や換気には気を付けていた。しかし、「雨がひどい日には裏口を閉めたことがあった」と保健所の聞き取りにはそう答えているといいます。

 

店を利用したことがある女性

 「NEWおだまLee男爵」の利用客:「6月27日すごい雨が降った日でしたね」「(Q.密閉された空間だったか?)窓が…どこが窓なのか分からないような…。マスクをしていた人はいなかったのではないか。検温はなかった  

 

店の営業形態は

 「NEWおだまLee男爵」の利用客:「スタッフの方々が踊る。踊るのを私たちが見る…。ショーが10時半から始まったので、それに合わせてお客さんが増えて満席だったと思います」  

 

まとめ

何故よるの町だけ感染が広がるのかが、わからない所ではありますね。他の飲食店では、起こっていないのか?結局換気をしたりしても効果がないのかも、蜜の空間自体が問題なのかもしれません。